歴史

義経はどこで死んだのか

源義経といえば、牛若丸、壇之浦の戦い、勧進帳、チンギスハンなど色々浮かんでくる。

今日、ハーンという漫画を読んだ。義経がチンギスハンになる話の漫画。

チンギスハンにならなかったとして、

衣川の二の舞?衣川を知らなかった。。。

衣川の戦い(ころもがわのたたかい)は、文治5年4月30日1189年6月15日)、陸奥国衣川館藤原泰衡源義経主従を自害させた戦い。

奥州藤原氏三代・藤原秀衡は関東以西を制覇した源頼朝の勢力が奥州に及ぶことを警戒し、義経を将軍に立てて鎌倉に対抗しようとしたが、文治3年(1187年)10月29日に病没した。頼朝は秀衡の死を受けて後を継いだ藤原泰衡に、義経を捕縛するよう朝廷を通じて強く圧力をかけた。一方、義経は文治4年(1188年)2月に出羽国に出没し、鎌倉方と合戦をしている。また文治5年(1189年)1月には義経が京都に戻る意志を書いた手紙を持った比叡山の僧が捕まるなど、再起を図っている。しかし泰衡は再三の鎌倉の圧力に屈して、「義経の指図を仰げ」という父の遺言を破り、閏4月30日、500騎の兵をもって義経主従を藤原基成衣川館に襲った。

義経方は、主従の武蔵坊弁慶鈴木重家亀井重清らがわずか10数騎で防戦したが、ことごとく戦死・自害した。館を平泉の兵に囲まれた義経は、一切戦うことをせず持仏堂に篭り、まず正妻の郷御前と4歳の女子を殺害した後、自害して果てた。享年31であった。

関連記事

  1. 歴史

    戦艦大和の設計者

    最近読んだ漫画で、アルキメデスの大戦というのがある。第二次大…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 自然

    トリュフ
  2. 自然

    海中で水分補給
  3. 身体

    ふくらはぎの太い人
  4. 自然

    女王蜂はどこから来るのか
  5. 歴史

    戦艦大和の設計者
PAGE TOP