自然

海中で水分補給

海上で漂流したらどうしようって考えたことある?

まずは陸に戻れるかと、当面の食料と水が心配になる。

人間は海水をそのまま飲むと、海水に含まれる塩分の浸透圧で逆に水分が奪われて喉が渇いてしまう。だからどんなに喉が渇いても海水を飲んではいけない。

じゃあ、魚はどうしてるのかっていうと、、、、

魚さんはエラがついているので、エラで塩分を濾して(ろ過みたいに)塩分を調整することで水分を補給している模様

じゃあ、人間の仲間である哺乳類のクジラさんはどうやって海中で水分補給をしているんだろうかって思うわけですよ。

クジラは捕えたエサである魚さん達をを丸ごと飲み込みます。エサにたくさん含まれている脂肪を、体内で分解してエネルギーへと変換する時に水が発生するのだけど、その水で水分補給しているわけですよ。

えー、そんなんであの巨体の水分足りるの?って思うでしょう

水分を失う三大要因は、呼吸、発汗、排泄らしいんだけど、クジラは水中にいるから呼吸で水分失わないし、汗腺無いから汗かかないし、排泄くらいなもんでしょう。

ちなみに体内に取り入れた余分な塩分を、尿に溶かして捨てる必要があるから、クジラの尿をつくりだす腎臓は、他の哺乳類に比べて発達しているそう。

関連記事

  1. 自然

    トリュフ

    秋はキノコの季節だね。やっぱりキノコの王様はトリュフですよ。…

  2. 自然

    女王蜂はどこから来るのか

    蜂はハチミツを人間に提供してくれる素晴らしい虫だ。砂糖が発見…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    はじめに
  2. 自然

    女王蜂はどこから来るのか
  3. 歴史

    戦艦大和の設計者
  4. 自然

    トリュフ
  5. 歴史

    義経はどこで死んだのか
PAGE TOP